読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファイヤードブログ

ディジタル・パブリッシングという観点から、Webサイト制作、電子書籍制作などを。※ブログリニューアル中

I have a pen.

初めて見た時から10日以上経っても未だに見てしまう。


PPAP Pen Pineapple Apple Pen

I have a pen. (ペン握ってんのやろな)

I have an apple.(リンゴ持ってんのやろうな)

apple-pen.(意味不明だが、まあ合わさった何かなんやろうな。刺さってる絵は浮かぶ)

I have a pen.(また、ペン握ってんのやろうな)

I have a pineapple.(今度はパイナップルか。まあええわ)

pineapple pen. (まぁ、パイナップル硬いけど、これも刺さってんやろうな)

apple pen, pineapple pen. (お、二つ出てきた)

pen-pineapple-apple-pen. (……おっ<ここで急に純粋な音だけになる>)

多分、この中学1年の教科書的*1な超ベーシックかつ具体的なモノの段階から、一気に音のみの次元に飛躍するから面白いんだろうな。だから、ロングバージョンの時にペンとペンを足して「ロングペン」と言った時は、不必要にモノ性を強めるから残念に感じたのだろう。あと、二次創作でいくつか見たけれど、実際にペンと果物を握って真似するなんて論外だろう。

これから大きく売り出していくつもりなのだろうけれど、持つのかどうかはわからない。iTunesで見た他のネタは全く話題になっていないし。「pen-pineapple-apple-pen」がOEDに載ったりしたら、すごいなあとは思う。

*1:日本人が割と今回の世界的ブームを喜んでいるのは、「I have a pen.」といういつ使うんだかわからなかった教室英語が不意に国際性を帯びることになったことに対してだと思う。