読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファイヤードブログ

ディジタル・パブリッシングという観点から、Webサイト制作、電子書籍制作などを。※ブログリニューアル中

営業3件目

 またしても失敗に終わった。飛び込みではなく、今回は計算して行ったが、またしても知り合いに阻まれた。以下、やや踏み込んだ内容を書くことになるけれど、対象のプライバシーは十分に秘匿される。

時期: 6月中旬
対象: 個人経営のレストラン
結果: 不可(3連続)
理由: 知り合いがやってくれるので
手段: 電話

 
 今回はやや特殊なケースだった。というのも、ホームページがすでに存在している店だったのだが、ちょうど移転してリニューアルオープンするというタイミングだった。しかもホームページの作りがなんというか、その…obsoleteだった。店自体の移転とリニューアルで大きなお金がかかっているときには、いくらかホームページの制作料が相対化されて見えるだろうから、提案を受けてくれるかもしれないと淡い期待を抱いた。そしてこれは1ヵ月前のことである。
 どうしてすぐに交渉しなかったのかというと、ローカルで勝手に作り始めていたからだった。まだ自分はポートフォリオのネタが無いので、相手もいきなり作りますと言って来たやつに作らせるのは難しいということが前回の反省にあった。そこを補う形で試作品を作る方針にした。
 こうすることによって、「Webサイトをリニューアルしませんか/作りませんか」というようにいきなり金銭が絡んだYes/Noの問題から、「作ってみたのでちょっと見てもらえませんか」という相手に取って敷居の低い問題に切り替えた。
 と同時に、ある程度まで抽象化して作ることも忘れなかった。つまり、飲食店用のWordPressのテーマとしてベースを作っていった。結果、今回は失敗に終わったが、構造は転用できるので、他の店にオファーする際にも転用できる。メニューや写真を入れ替えればいいだけだ(そして失敗した今、まさにこの作業中である)。
 電話での会話は以下のようであった(ツッコミあったら下さい)。

 自分「突然、電話して済みません。今、お時間大丈夫でしょうか。」
 相手「はい。用件は何でしょうか」
 自分「私(ワタクシ)、フリーランスでウェブサイト制作をしているものなのですが、今回リニューアルの提案をさせていただきたく、お電話させていただきました。」
 相手「あぁ、それねえ、知り合いがやってくれることになっているんですよ。」
 自分「あ…そうですか。それでは今回は縁がなかったということで。」
 相手「はいさようなら」

 自分で振り返って思うのは、屈するのが早すぎるということだ。ただわかっていても、相手もオープン間近の忙しいときであるはずなので、あまりがつがつ行けない。
 多分、「飛び込み」や「直接電話」というやり方が悪い。やり方を変えないといけない。あとは、数!!!