読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファイヤードブログ

ディジタル・パブリッシングという観点から、Webサイト制作、電子書籍制作などを。※ブログリニューアル中

(れんしう)ある数が3の倍数か確かめるJavaScriptコード

JavaScript

 最近、事務系とHTML&CSS+jQueryとデザイン概論とWordPressコーディングくらいしかやっていなかった。言って見れば、純粋なプログラミングからまったく遠ざかっていた。
 『数学ガールの秘密のノート』を読んで3の倍数の話が出て来たので、JavaScriptで3の倍数かどうかを確かめる簡単な(ひどい)スクリプトを書いてみた。jsfiddleにもアップして確かめたので、動くことは保障されている。Edit fiddle - JSFiddle
 しかし、if for...in for...in if ってひどいな。どうしよ。進歩している点をあえて挙げれば、booleanを返す関数がささっとかけたことだろうか。これはWordPressのおかげかも。
 さいしょ、「エラトステネスのふるい」を書こうとして手も脚も出なかったというのは内緒の話。

//調べたい数が上限以下かチェック
function isUnderX(num,x) {
    if(num > x) {
        alert(x + "以下で入力して");
        return false;
    } else {
        return num;
    }
}

function isMultiplesOfThree(num,max) {
    if(isUnderX(num,max)) {
      
        var arr =[];
        var sum = 0;
        var stringArr = num.toString().split("");   //数を分解して配列に
        
   for(a in stringArr) {
            arr.push(parseInt(stringArr[a])); //文字列を数値に変換
        }
        for(a in arr) {
            sum += arr[a];
        } 
        
        if(sum % 3 === 0){
            console.log(num + "は3の倍数です");
        }else{
            console.log(num + "は3の倍数じゃないっす");
        }
    }
}

var num = 1111;
var max = 1000;

isMultiplesOfThree(num,max);

 余談だけれど、「ウラムの螺旋」というものを知った。ぱっと見た感じ、Processsing(最近全然触っていない)のいい題材になりそうな気がした。と思ったら、当然既にやってる人がいるんだよねえ。