読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファイヤードブログ

ディジタル・パブリッシングという観点から、Webサイト制作、電子書籍制作などを。※ブログリニューアル中

RWD(レスポンシブウェブデザイン)の手本や情報をいかに集めるか

RWD WebDev

 翌日追記有り
 RWD(レスポンシブウェブデザイン)で実装されたサイトはまだそう多くはないので、結構サンプルとして見つけるのが大変だったりします。一般的なギャラリーサイトに行って、毎回メディアクエリをチェックするのはだるいので*1、RWDに搾った情報元に当たる必要があります。 
 有名なRWDのギャラリーサイトとしては、Media Queries があります。数が大変豊富です。さらには、CSSフレームワークTwitter Bootstrapの Bootstrap Expo も参考になります。また、ZURB Foundationの レスポンシブギャラリー Responsive from ZURB | Gallery of Responsive Sites も助けになります。あるいは、AWWWARDSの 「Responsive Design websites」タグのついた一覧もBest Responsive Design Websites | Web Design Inspiration 見るといいかもしれません(ただ、AWWWARDSはRWDに集中する前に数々のハイセンスなサイトに打ちのめされる可能性があります)。
 しかし、これらは新聞社のニュースフィードのように1時間に何十件も更新されるわけではないので、いずれ殆ど見尽くしてしまうという状況が生じます(モチロン、キニイッタサイト何回モ見テ真似ルノモ大事)。自分もこういった状況に陥った結果、

をフォローしておくのが一番良いのではないか、と思いました。ギャラリーサイトより頻繁に新しいサイトを知らせてくれ、なおかつ技術的なことに対するTipsも与えてくれるので、かなりお勧めです。
 最近では、Podcast A Responsive Web Design Podcast — Responsive Web Design も始まったようです(最新の公開分で第4回目)。
 追記(9/15)分
 最近知ったWelcome to Responsive Web Design — Responsive Web Designを忘れていました。Podcastあり、Tipsあり、ギャラリーあり、チュートリアルもあり、と包括的な情報リソースです。

*1:RWD作っていくなかで、ぱっと見でだんだん区別がつくようになっていくものですが。