読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファイヤードブログ

ディジタル・パブリッシングという観点から、Webサイト制作、電子書籍制作などを。※ブログリニューアル中

大手新聞社のWeb版のタイトルのつけ方で惜しいと思うところ

media

 ページランク的には競い合う関係なので、あんまり言いたくないのですが、言います。タイトルのつけ方についてです。紙面では物理的な幅の制約があるので、少なくできるワードはできる限り、多少おかしくなっても削るという方針がとられています。しかし、これはWebでは必要ありません。以下、実際にある代表的な悪い例をいくつかあげます。

 MLBの「カタカナ1文字+軍」は、「巨人軍」から派生しているものなのでしょうが、少し理解に苦しむものです。こういうタイトルをつける人は、アレックスという友人ができたら「ア君」と呼びそうで怖いです。WebではSEO的な観点からみても、いいことはないと思います。ヤフートピックスならば紙面同様の制約があるので、「ヤ軍」でも致し方なし、という気がしますが…。
 スポーツ新聞社の記事になると、「紙面より」といってそのままタイトルと本文を合わせて時間差で転載するのが慣例になっているところもありますから、WebにはWebのタイトルを、という意識も生まれにくいのでしょう。
 また、「ワールドカップ」を「W杯」とすることについては、私もたまにやってしまうのですが、蓮實重彦氏が『スポーツ批評宣言あるいは運動の擁護』において、蓮實さん的な美的観点から批判されていたと記憶しています。

スポーツ批評宣言あるいは運動の擁護

スポーツ批評宣言あるいは運動の擁護

 いろいろ書いてきましたが、冒頭にも述べた通り、ページランク的にはライバル関係にありますので、どうかこのまま残念なタイトルのままでいてくださいというのが本音です。よろしくお願いします。