読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファイヤードブログ

ディジタル・パブリッシングという観点から、Webサイト制作、電子書籍制作などを。※ブログリニューアル中

ターミナルからEpubCheckでEPUB3のバリデートをする方法

EPUB

問題

 EPUBがやっとできて、これからmobi形式に変換だという時の最後の砦としてのバリデーションがある。いくつかGUIツールがあるみたいだけれど、できるだけアプリの起動で煩いたくないので、CUIから行いたい。
 バリデートについては、うわっ…あんたのEPUB、ダメすぎ…? 検証とその対処 - 電書ちゃんねる や、書籍では『EPUB 3 電子書籍制作の教科書』で触れられている。この2つの情報源では一応、CUIでやる方法を説明してくれているけれど、

java -jar epubcheck-3.0.jar mybook.epub
java -jar epubcheck-x.x.x.jar EPUBファイルのパス

と書いてあるくらいで、ちょっと心許ない(ここ以外の情報については、両者ともに大変充実している。「電書ちゃんねる」さんは、無料のツールまで用意してくれている)。

解決

 上のコマンドを分解してみると、「 java -jar」の部分に関しては、一種の「おまじない」と捉えて気にすることはない。Rubyスクリプトを実行するときのrubyのようなもので、ここでは.jarファイルを実行する。最後の4つ目の部分は、書いてあることからも分かる通り、検証したいEPUBファイルへのパスを指定する。問題は、epubcheker-3.0.jarにあたるところ。
 これは、自分でダウンロードしてくる必要がある。ダウンロード先は、Downloads - epubcheck - Validation tool for EPUB – **MOVED TO GITHUB** - Google Project Hosting 。この中の「featured」とされている、「EpubCheck 3.0.1 binaries」を選ぶ。
 .zip形式になっているので、ダウンロード後に開き、epubcheck-3.0.1.jarを探す。以下、Running epubcheck on your computer - Safari Blog のやり方に沿って述べると、ターミナルで、「java -jar」と入力して、半角スペースを空けたのち、ダウンロードしたばかりのepubcheck-3.0.1.jarまでのパスを指定、再び半角スペースを空けたのち、EPUBファイルへのパスを指定する。これでエンターキーを押せば、バリデーションが始まる。
 2つのパス指定に難儀するのであれば、Finderからドラッグ&ドロップすることをお勧めする。