読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファイヤードブログ

ディジタル・パブリッシングという観点から、Webサイト制作、電子書籍制作などを。※ブログリニューアル中

Webサイト(ホームページ)を持ちたい方へ。しかも無料で

 お店や何かしらの団体、活動などをやっていて、ホームページが必要という場面はあると思います。そんな時に、制作会社に頼むと、ピンキリとはいえ、数十万は取られるでしょう。しかし、誰もが金銭的に余裕があるわけではありません。そこで、無料で高品質なウェブサイトを作ることができるサービスをご紹介します。ちなみに、私は数十万で仕事を受ける側の人間です。
 ホームページを用意するということを、別の言い方に置き換えると、それはインターネット上での存在を確かにするということになります。第三者が検索して、とりあえず基本的な情報を得られるようにすること、これが大事です。現代では、よくよく考えれば恐ろしいことですが、ネットで存在しなければ現実にも存在しないことと等しくみなす人たちが一定数います。そういう人たちに向けても、やはりネットで存在することは重要です。
 早速方法を紹介します。いくつかある方法を簡単なものから順に見ていきます。それらを、先に一覧してみましょう。後で紹介されるものほど、効果が高いと筆者は考えています。

  1. ブログ
  2. facebookページ
  3. ホームページ制作のウェブサービスを使う
    1. ホームページ作成サービス
    2. ワンページレイアウトサイト作成サービス

これだけです。

1.ブログ

 まず、ネットのことに時間を割いていられないという人は、ブログを開設しましょう。ブログのいいところは、メールを送信する感覚で、情報を更新できることです。また、できることが限られているために、あれこれ気を使う必要がありません。お店や団体の情報は、プロフィール欄に書いておけば、たいていの人は見つけてくれます。あるいは、記事公開日をはるか先の未来に指定すれば、それが常にトップに表示されるので、基本的な情報はそこに書くというのもありです。無料で使えるサービスはいろいろあります。もう名前はご存知だと聞いた事はあると思いますが、アメーバブログライブドアブログfc2ブログエキサイトブログ、blogspot、WordPress.com、そしてはてなブログなどがあります。どれも基本的には無料です。

アメブロ Perfect GuideBook 2015年改訂版

アメブロ Perfect GuideBook 2015年改訂版

2. facebookページ

 次にfacebookページです。これがいいところは、あなたが今持っている個人のページ(あなたがいつもfacebookにログインしてフィードが表示されるところのことです)だけでなく、団体やお店向けのページを新たに作れることです。そこでは、開店時間や定休日、あるいは住所や電話番号といった基本的な情報を入力する部分があります。もちろん、ブログ的な機能も標準搭載されていて、なおかつfacebook内での「いいね!」回覧されやすいというメリットもあります。カスタマイズするにあたって、プロの手を借りるケースもあるようですが、「facebookページ 作り方」で検索すれば、たくさんのチュートリアルが出てきますし、書籍も比較的充実しています。

世界一わかりやすい! Facebookページ作成&運営ガイド (得する<コレだけ! >技)

世界一わかりやすい! Facebookページ作成&運営ガイド (得する<コレだけ! >技)

3. ホームページ制作Webサービス

 ここでは二つに分かれて紹介されますが、効果の面ではあまり大きな差はありません。異なるのは、ホームページの構成においてです。この違いは、「3.2 ワンページレイアウトサイト作成サービス」について触れる際に説明します。

3.1 ホームページ作成サービス

 これまで紹介してきたのは、Web上に存在させることが目的の、広い意味での「ホームページ」ですが、ここで紹介するものからは、皆さんが普段「ウェブサイト」や「ホームページ」と聞いて思い浮かべるようなサイトを扱います。ページ上にサイトのロゴと帯状のメニューがあるようなウェブサイト、といえば伝わるでしょうか。
 代表的なサービスとして、wix(ウィックス)jimdo(ジンドゥー)をあげておきます。これらはある程度複雑な構成のサイトにも対応できます。複雑な情報を扱うとなると、ブログやfacebookページでは、「投稿」から、「お店の紹介」も「イベント情報」も「日々の出来事」も等しく記事として流すことしかできませんでした。しかし、これらのサイトでは、ちゃんとサイトの構成を意識してページを作ることができるので、例えば、「料理メニュー」というページを作り、その中に「デザート」という項目を作ることができるわけです。実際にこれらを使用して作られたページの例では、NakamuraEmi NIPPONNO ONNAWO UTAU - nakamuraemi ページ!などがあります。

10日で作るかっこいいホームページ Jimdo(ジンドゥー)デザインブック

10日で作るかっこいいホームページ Jimdo(ジンドゥー)デザインブック

3.2 ワンページレイアウトサイト作成サービス

 ここでも、れっきとしたウェブサイトを作成することには変わりありません。異なるのは、「基本的にサイトのページが1ページしかない」という点です。これだけ聞いてしまうと、「えっ、1ページしか作れないなんて、全然ダメじゃないか」と思ってしまうかもしれません。ですが、「1ページで済ませる」というのは最近のウェブデザインのトレンドになっていて、なおかつスマートフォンの普及の面から見ても、単なる流行に済まされない、ひとつの潮流となっています。この「ワンページ」は縦にとても長いので、載せる情報の量もそれなりに確保することができます。
 このワンページサイトを作るためのサービスとして、strikingly(ストライキングリー)peraichi(ペライチ)をあげておきます。strikinglyは海外のサービスですが、日本語対応されており、日本でも最近徐々に使われ始めている印象があります。また、peraichi.comは、今月公開になったばかりの日本の会社のワンページサイト作成サービスです。実例集は、両方ともにサイトトップページににいくつかあるので、ご覧になってみてください。ワンページサイトは上手く使えば、洗練された印象を見る人に与えることができますので、2015年に作るのであれば、挑戦してみるといいかもしれません。

おわりに

 独自ドメインでデザインも構成も完全オリジナルでサイトを持ちたい、という方は、about - Phiyard 内の連絡先までメールをください。